就活タブロ

播磨で働く6つのメリット

地元で就職すると良いことはいくつもあります。なかでもよく聞かれるメリットをリストアップしました。

  • 1.実家から通える

    地元での就職は、実家から通勤できることが一番のメリット。
    家賃が浮き、趣味や買い物など自分の自由に使えるお金が増えます。親元を離れる不安や一人暮らしの寂しさに襲われることもありません。家事の負担は少なく、家に帰れば食事とお風呂も用意してあり、至れり尽くせり。
    体調を崩したときに家族に頼れるのも心強いでしょう。就職後も今までの生活の延長線上で暮らせます。

  • 2.暮らし慣れた環境で安心!

    幼いころから慣れ親しんだ環境は、居心地がよく過ごしやすいもの。都会のように地下鉄の通勤ラッシュに巻き込まれることもなく、会社の行き帰りはストレスフリーです。播磨は自然との距離が近く、仕事で行き詰まったときに気軽にリフレッシュできる点も魅力でしょう。悩みや不安を抱えたときは、相談できる友人がそばにいてくれるという安心感も、仕事を続けていくうえで大きな支えになります。

  • 3.地元の発展に貢献できる!

    播磨には地域経済の活性化のために奮闘している企業はたくさんあり、その多くが若い働き手を求めています。つまり、地元の職に就くだけで、すでに地域の発展に協力していることになるのです。土地勘があることは仕事をするうえで強みにもなります。職場で実力を発揮し結果を出すことができれば、地域の役に立っているという実感も得られ、やりがいにつながります。

  • 4.親孝行ができる!

    進学せず早く社会に出ることで、学費がかからず親の経済的な負担を減らすことができます。将来的に地元で結婚して家を継いだり、実家の近くに住むことができれば安心してもらえるでしょう。しょっちゅう孫の顔も見せられます。親が高齢になり病気にかかったときや介護が必要になったときも、すぐに駆けつけサポートすることができます。

  • 5.友達より先にキャリアを積める!

    高卒の場合18歳で社会に出ると、大学に進学した友達とは働く期間に4年の差が生まれます。この間、まじめにコツコツと働いていれば、社会人としてのキャリアは十分。専門職なら同い年の大卒者とは明らかな実力の差も生まれているでしょう。社会人としてのスタートが早い分、将来的に独立起業したいと思ったときや転職を希望したときにチャレンジしやすいのも利点。若さを強みにフットワークよく動け、たとえ失敗しても軌道修正ができます。

  • 1.実家から通える

    進学せずに就職すると早くから貯蓄を始められ、将来に備えることができます。最初は給料が安いですが、出世のスピードによっては同じ職場で働く同い年の大卒者より生涯年収が高くなることも。実家から通うことで、家賃や生活費などの浮いた分を貯蓄に回すことも可能です。都会のほうが賃金は良いですが、物価や家賃は高め。給料の大半が日々の暮らしに消え、毎月まとまったお金を貯蓄するのは結構難しいかもしれません。

職種カテゴリ